あなたはつける?マタニティマーク

電車やバスなど、公共交通機関でよく見かけるマタニティマーク。
つけている人を見かけることも最近多くなってきましたね。

 

マタニティマークはどこで貰えるのか知っていましたか?
つけていることでどんなメリット・デメリットがあるかも考えてみました。

 

マークをつけるのは義務ではありません。
自分ならどうするか、考えるきっかけにしてみて下さいね。


マタニティーマークが貰える場所は?

母子手帳と一緒に貰える

母子手帳を貰うときに、一緒に貰えることがあります。
地域によってサイズやデザインに違いがあるそうですよ。
母子手帳を貰うついでに聞いてみて下さい。

鉄道会社の窓口で貰える

電車を使う人は、駅で聞いてみましょう。
かばんにつけやすい小さめのマタニティーマークを無料で配布しています。

 

無関係の人が悪用するのを防ぐために、
母子手帳の提示を求める会社もあるようです。

雑誌の付録

季節ごとに発刊されている「初めてのたまごクラブ」の付録として、
毎回違うデザインのマタニティ―マークがついてきます。

 

ラインストーンがついていたり、キラキラしていたりと可愛いものが多いです。
お好みのデザインなら、
情報収集も兼ねて一冊買ってみてもいいかもしれません。

マタニティーマークをつけることのメリット

緊急時にすぐ妊婦だと気づいて貰える

もしも一人で外出している先で意識を失ってしまったら…。
妊娠初期はまだお腹も大きくないので、
妊婦と気付いてもらうのは中々難しいのです。

 

マークがあれば妊娠していることが伝わり、
妊娠中は避けた方がいい処置や薬などの使用を防げるのです。
≫妊娠中の心配な腹痛

体調が悪い時に席を譲ってもらえる可能性が高くなる

いつもそうとは限りませんが、
マークをつけていると席を譲ってもらえる機会が増えるでしょう。

 

もし譲って貰ったらお礼を忘れずに、
いずれ自分も妊婦さんにお返し出来るといいですね。

マタニティーマークをつけることのデメリット

ひったくりに遭いやすくなる?

妊娠中は走るなど、無理するのは避けるものです。
それを利用して妊婦を狙うひったくりがいるというのです。

 

荷物を守ろうとして転んでしまう、
などの危険に遭いやすくなってしまうこともあり得ます。

故意にぶつかるなど、意地悪してくる人がいる

ごく少数ですが、お腹めがけてぶつかってきたりタバコの煙を吐かれたり、
わざと意地悪されたという妊婦さんもいるようです。

 

何を考えているかわからない人がいる以上、
自分の情報を必要以上に出さないようにすることで、
身を守れる場合もあります。
≫妊娠報告の時期も大切