怖い妊娠初期の流産

妊娠中のママが抱える数々の不安…
なかでも妊娠初期に特に怖いのが「流産」ではないでしょうか。

 

流産とは、赤ちゃんが母体の外では生きられない、妊娠22週未満に妊娠が終わってしまう事を言い、妊娠12週未満の流産が約8割を占めます

 

また、妊娠検査薬で陽性反応が出たとしても、胎嚢が確認できず、
着床を継続せずに月経が始まってしまう場合を
「化学流産(ケミカルアボーション)」といいます。

 

「どのくらい育ってるかな?」、「そろそろ母子手帳は貰った方が良いかな?」
そんな期待と喜びも束の間、お医者さんから「残念ながら流産です」なんて、
想像もできないですね…

 

考えたくないことですが、流産が怖いのは当然の事です。
あれが悪かった、こうすれば良かった、どうして私の子だけ…
そんな風に自分を責めてしまいそうです。
≫安定期までは黙っていた方がいいの?妊娠報告のタイミング


注意したい流産の兆候

出血

不正出血は要注意!すぐに受診してください。
ダラダラと褐色の出血が続くのは、流産してしまったあと、
内容物が子宮内に残っている可能性が高いです。

腹痛

生理痛に似た腹痛やお腹のハリ、腰の痛みなどが現れる場合もあります。
妊娠週数が長引けば長引くほど強い痛みを伴い、
陣痛を起こしている可能性があります。
≫怖い腹痛について詳しくはこちら

つわりが急になくなる

つわりが無くなったからと言って、必ず流産をしたというわけではありませんが、重いつわりがある日突然治まる事があります。出血などを併発している場合は怖いかもしれませんが、すぐに産婦人科を受診しましょう。
≫つわりについて詳しくはこちら

流産の主な原因は染色体異常

何より怖いのが、染色体異常での流産。
残念ですが妊娠の15~20%は流産になってしまう可能性があり
特に妊娠初期の流産は受精卵の染色体異常のために、胎児が育つことはなく、
そのため身体が自然に排出してしまうために起こるケースが大半です。

染色体異常ってなに?

人間の身体をつくる設計図である遺伝子。
遺伝子は、どの細胞にも存在する、「染色体」の中にあります。

 

人間の眼や肌の色、性別、受精から発達、誕生までの流れも全てこの設計図に描かれています。

 

受精と同時に精子と卵子の染色体が合体し、
持ちよった設計図を元に胎児が形成されますが、
その際にいずれかの染色体に異常があった場合、
間違った設計図を元に胎児がつくろうとしてしまうため、それ以上発達することが出来ず、母体が体外へ排出してしまいます。

 

これが染色体異常での流産です。

初期流産を予防したい

染色体異常での流産は、ママの努力で何とかなるものではありません。
しかし、やはり何か起きてしまった時に後悔だけはしたくないですよね?

 

妊娠前からも出来る事を一緒に考えてみましょう。

タバコを吸わない

常識ですが、妊娠中のタバコは絶対NGです!
タバコに含まれるニコチンは、胎盤の血管を収縮させたり、血流を減少させ、胎児に血流不足を引き起こします。
また、一酸化炭素は胎児の酸素不足を引き起こし、発育を妨げます。

 

妊娠中の喫煙は、怖い結果しか産みません。
ママ自身の禁煙はもちろんですが、副流煙を吸わないなど、
家族の協力も必要不可欠です。
≫妊娠発覚前の喫煙の影響は?

身体を冷やさない

冷え性の人が流産しやすいというのは、実は本当です。
運動不足や、食生活などで身体が冷えていて血行が悪くなっていると、
子宮や卵巣の機能が低下し、胎盤が育ちにくく、
流産しやすくなる原因になる
事があります。

 

流産を未然に防ぐためにも、妊娠前から規則正しい食生活と適度な運動で、
赤ちゃんの育ちやすい身体に体質改善しておきたいですね!
≫体質改善の参考に

葉酸を積極的に摂取する

厚生労働省が勧める通り、妊娠を希望する女性と妊娠初期の女性に、
葉酸は必要不可欠な栄養素です。
≫葉酸ってなに?

 

細胞分裂を促進し、DNAのミスコピーをつくり直すためにも欠かせません。
また、赤ちゃんの先天性の異常や流産のリスクを下げる効果も期待できます

 

厚生労働省の提示している推奨量400μgを食事のみで摂取するのは難しいので、
サプリメントを積極的に利用していきましょう。

人気の葉酸サプリなら

ベルタ葉酸サプリ

3,980円(1ヶ月分) 送料無料 鉄分・カルシウムも◎


≫管理人オススメの葉酸サプリはこちら

激しいスポーツは控える

いわゆる安定期に入るまで、母体は非常にデリケートな時期です。
激しいスポーツや、下半身に負担のかかるゴルフやジョギングなど、子宮にも負担がかかる運動はしない方が良いでしょう。

 

またスポーツだけでなく、身体に負荷のかかる運動や長距離の移動や旅行など、
怖いものが好きだからと言って、ジェットコースターやお化け屋敷でストレス発散は避けましょう!
≫妊娠中のストレス発散

後悔しないために

何気なく送っている日常、ましてや忙しい仕事や睡眠不足の生活の中には
流産のきっかけはたくさん潜んでいるでしょう。
仕事や家事、しなければいけない事はたくさんありますが、
流産を避けたいのならば、意識して睡眠時間を確保したり、
ストレスをためこまないようにしましょう。

 

可愛い我が子の誕生を望むママなら、流産が怖いのは当たり前のことです。
もし流産という結果になってしまっても、自分を責め、自暴自棄になったりしてはいけません。
ほとんどの妊娠初期の流産は、受精した瞬間に運命は決まっているのです。

 

しかし、たとえ小さな胎児だったとしても、あなたの子には変わりありません。
その命を失ってしまわないためにも、
出来ることは全てやりきって赤ちゃんを守りましょう。