ダウン症や障害だったら…出生前診断

出生前診断」という言葉を聞いたことがありますか?

 

最近は技術の進歩や、
出産年齢が上がっていることなどから話題になることも多くなってきました。

 

おなかの赤ちゃんに異常がないかを診断すること言い、
実際に受ける人も少なくないと言われています。

 

「出生前診断を受けようかな」と思っている方は、
この記事を読んでよく考えてみて下さいね。


出生前診断とは

妊娠9〜22週頃に行われる、お腹の赤ちゃんに
奇形や病気・染色体異常がないかどうかを調べる検査の総称です。

 

定期的に行う妊婦健診で何らかの異常が疑われる場合、
詳しく検査するために行われることがあります。

 

また、高齢出産になると、
おなかの赤ちゃんが染色体異常である確率が上がるため、
年齢を考えて行うこともあります。

 

胎児ドッグとして自主的に検査を受けられる施設もあります。
≫奇形とは?放射能の影響は?


検査の種類

検査は全部で5種類あり、

胎児超音波スクリーニング検査

 妊娠11〜13週に行う、身体の発達をエコーで詳しく見ていく検査

羊水検査

 妊娠15〜18週に行う、羊水を採取して異常な遺伝子がないかを調べる検査

絨毛検査

 妊娠9〜11週に行う、
 絨毛を羊水を採取して異常な遺伝子がないかを調べる検査

母体血清マーカーテスト

 妊娠15〜21週に行う、母体の血液を採取して血中成分を調べ、
 胎児に異常な遺伝子がないかを調べる検査。
 陽性の場合羊水検査を行います。

新型出生前診断(NIPT)

 妊娠10〜18週に行う、母体の血液を採取して遺伝子解析し、
 胎児に異常がないか調べる検査。陽性の場合羊水検査を行います。

 

となっています。

費用

施設によりますが、基本的に健康保険がきかないのでかなり高額です。

 

・胎児超音波スクリーニング検査 約4〜5万円
・羊水検査 約12〜15万円
・絨毛検査 約15万円
・母体血清マーカーテスト 約1〜2万円
・新型出生前診断(NIPT) 約20万円
≫無痛分娩はどのくらい費用がかかるの?


メリット

・「障害があるかもしれない」という精神的な負担を軽くする

 

・先天的な異常が見つかった場合には、妊娠中から治療できる場合がある

 

・障害を持っている可能性が高い場合に出産することを決めると、
 産まれるまでに心の準備がしやすくなる

デメリット

・もし「陽性」が出ても、必ず障害があるとは限らないので判断が難しい

 

・出生前診断でわかる障害はほんの一部であるので、
 陰性でも障害を持っていないとは限らない

 

・高額な費用が掛かる

出生前診断をするか決める前に、
パートナーとよく話し合っておく必要があります。

 

もしも障害があると分かった時にどうするのか、
しっかり考えてから出生前診断を受けて下さいね。

 

カウンセリングなどで相談できる施設も多いので、
少しでも考えている人は利用してみて下さい。