男女産み分けの方法ってあるの?

女の子を産んで、可愛い服を着せたい!
娘がいるから、次は男の子がいいな」など、
性別の希望は少なからず誰にでもあるものですよね。

 

自然に赤ちゃんの性別を100%コントロールすることは、
ほぼ不可能とも言われていますが、産み分け法も確かに存在するようです。

 

この記事ではそんな産み分け法を紹介します。

 

確率をあげるなら
信じるものは救われる
の気持ちで試してみてもいいかもしれませんね。

女の子が欲しいあなたは…

・女の子の元になるX精子は、
 酸性に強くアルカリ性に弱いという性質を持っています。
 膣内の酸性が強くなる排卵日2〜3日前に夫婦生活を行いましょう。

 

・生理が終わってから10日間で夫婦生活を持ちましょう。
 排卵日よりも前に、ということが大切です。

 

・排卵検査薬を使って、排卵日を特定しましょう。

 

・「女性の膣内が酸性になっているうちに精子が通過できるように、
 出来るだけ素早く短めの夫婦生活を心がけましょう。」

 

・市販のピンクゼリーを使って、膣を酸性にしてから夫婦生活を行いましょう。

 

・女性の体内を酸性にするために、肉など酸性のものを食べましょう。
 男性は逆に野菜などアルカリ性のものを食べます。

 

・男性は週に1度は射精して、精子を薄めるようにしましょう。

 

・中国式の産み分けカレンダーを参考にしてみましょう。
 約7割が的中すると言われているそうです。
 (参考サイト:http://pages.xrea.jp/gender_select/

 

・産み分けを行っている病院もあります。
 どうしても女の子を…という場合は病院を調べて受診しましょう。
 100%の保証はなく、自由診療なので費用は高くなります。
 (参考サイト:https://www.umiwake.jp/

 

・冬は女の子が授かりやすい、という言い伝えもあります。
 冬を狙ってみましょう。


男の子が欲しいあなたは…

基本的には、女の子と逆の条件にすれば男の子の産み分け率はアップします。

 

・排卵日当日を狙って夫婦生活を行いましょう。

 

・女性が満足するような夫婦生活を行いましょう。

 

・男性が肉、女性が野菜を食べて体内の環境を整えましょう。

 

・市販のブルーゼリーを使って、
 膣をアルカリ性にしてから夫婦生活を行いましょう。
 排卵日当日を狙うため、タイミングの特定が楽になるので、
 女の子の産み分けよりもやりやすいと言われているようです。


出来ることをやったら

いくら産み分け法があるとはいっても、100%ではありません。
産み分け法を行っている病院で出産したのに、
希望とは逆だった…ということだって勿論ありえるのです。

 

どちらでも可愛い我が子には変わりありません。
出来たらラッキー!くらいの気持ちで試してみるのが良さそうですね。
≫性別も気になる?家族、親戚への報告のタイミング